Atsushi Miyashita

古くからある器を眺めると形状や様式の中からある特有の部分形状が見受けられる。
その形状から自身の意匠へと広げ、簡素で料理が映える器作りを心がけている。

Atsushi Miyashita

Showing all 2 results

Showing all 2 results