岡本太郎 / オカモト タロウ

1911年神奈川県生まれ。1996年没。
生前は国内外を問わず活躍。積極的に絵画・立体作品を制作するかたわら、縄文時代や沖縄のプリミティブな美術を再評価するなど、文筆活動も精力的に行った。また、雑誌やテレビなどのメディアにも積極的に出演。「芸術は爆発だ」のフレーズはあまりにも有名。

1954年 坂倉準三設計のアトリエ(現・岡本太郎記念館)が青山に完成、現代芸術研究所を設立。
1970年 大阪の日本万国博覧会のシンボル『太陽の塔』制作。日本万国博覧会は成功のもとに終了。1975年には「太陽の塔」永久保存が決定し、現在も大阪のシンボルとして愛されている。
1998年 青山の彼の住居兼アトリエが岡本太郎記念館として一般公開される。
1999年 神奈川県川崎市多摩区の生田緑地内に川崎市岡本太郎美術館開館。
2011年 1年間にわたる生誕100年記念事業が始まり、その一環としてサイコロ椅子も復刻される。

1件の結果を表示中

  • サイコロ椅子

    ¥37,800
    ADD TO CART