野老 朝雄 / トコロ アサオ

美術家。1969年 東京生まれ。
1992年東京造形大学卒業後、ロンドンAAスクールで建築を学ぶ。 2001年9月11日より、「繋げる事」をテーマに紋様の制作を始め、美術・建築・デザインの境界領域で活動を続けている。 単純な幾何学原理に基づいた定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作や、同様の原理を応用した立体物の設計・制作も行っている。東京大学工学部非常勤講師、東京大学教養学部非常勤講師。 主な作品に、大名古屋ビルヂング下層部ファ サードガラスパターン、東京 2020 オリンピック・パラリンピックエンブレム、大手町パークビルディングのための屋外彫刻作品などがある。

1件の結果を表示中