accessory exhibition “COLUMNS” 2018/11/02-11/14

金属を主にアクセサリーを制作している作家・ブランドの展示
展開期間: 2018年11月02日(金)~2018年11月14(金)
会場: niguramu -kanazawa-〒920-0864 石川県金沢市高岡町18-13

参加ブランド(アルファベット順)
erica miyake
mie nishimura
SHINDO HARUKA
unik(11/02~11/04 在廊)


erica miyake

ミヤケエリカが2015年にスタートしたジュエリーブランド。
規則性あるパーツの組み合わせが作り出すミニマルな装飾のジュエリー。
金属の表面に打ち込まれた「表情」は光を反射し、パーツの組み合わせで揺れる光と影は使う人を引き立てます。
様々な組み合わせで自分だけのスタイルを楽しんで頂けます。


mie nishimura

「一粒の種は、一粒の宝石のような価値がある。」をコンセプトに、「Seed Jewelry」を展開。
種がもつ自然の美しさや、小さな一粒にこめられた大きな力、花言葉などを装う、種ジュエリーを制作しています。


SHINDO HARUKA

鋳金技法と油画を学んだデザイナー新藤はるかが生み出す、どこか懐かしくも近未来的な怪しさも感じるジュエリー。
熱く溶け出したマグマが冷えて固まったような柔らかさと力強さ、偶然生まれた巨大なエネルギーの欠片を表現。マットな質感のシルバーやゴールドは、ランダムに、控えめに光を湛えます。
「そのままでいること」も「変わっていくこと」もそっと肯定する、身につける人の味方であり続けるような存在を目指しています。


unik

雨?それとも雪?
水のしずくが様々に変容するように
素材はその時々で異なった様相を見せてくれます。

幼いころに抱いた夢
大人への憧れ
今日から明日への一歩
それらをひとつずつ形にしています。

ジュエリーを身に着けた瞬間の
進化的化学反応、凛とした佇まいを
楽しんでいただけますように。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください