シャロウパン

「釜定」は、明治時代から続く盛岡の鋳物屋。若い頃フィンランドに住んだ事もあり、現在もフィンランドの工芸家と交流のある3代目宮伸穂氏の作品には日本古来の図柄も多く見られますが、中には丸・三角・四角などがリズムよく並んだポップなテキスタイルのような柄もあり、日本のデザインの奥深さを再認識させられます。
南部鋳物の作り方は桃山時代から約400年ほとんど変わっていませんが、近年あらためて南部鉄器のシンプルでモダンな造形美や優れた機能性が注目されています。

釜定