平型おろし金 両面 (大根/薬味用)

1928年、東京浅草で大矢寅一・金次郎 銅壺店「銅寅」として開業。後に「大矢製作所」と屋号を変え、現在に至る。
江戸時代から受け継がれてきた銅のおろし金。硬質銅板を叩き締めたものをひと目ずつ刃を起こして造ります。そのため刃は鋭く、幅広で大きく、刃並びがきわめて不規則です。鋭い刃でおろす大根・ワサビ・生姜等は繊維を傷めず、新しい面が次々と刃にかかるため、水っぽくなく柔らかでまろやかな美味しいおろしが出来きます。

大矢製作所
    • 平型おろし金 両面 (大根/薬味用)

      ¥8,856¥17,712
      商品を表示
    • 卓上小判型おろし金(薬味用)

      ¥4,320
      ADD TO CART
    • 箱型おろし金, 大(大根用)

      ¥10,260
      ADD TO CARTOut of stock / No back orders