はりみ, 革ひも付き

座敷箒を作るところは昔からありましたが、「江戸箒」の名で作りはじめたのは、白木屋中村傳兵衛商店です。天保元(1830)年に銀座で創業。その後商人の街京橋に移り、江戸の終わりごろからこの箒を作りつづけています。
ホウキモロコシの江戸箒は、畳にあった箒、長屋暮らしにぴったりの江戸前の箒として生まれました。当たりが柔らかくてコシがあるので、力を入れなくてもササッと掃き出しやすいのが特徴です。

白木屋傳兵衛